店舗のオリジナルのぼり旗のメリット

大きな旗というものは遠目から見ても目立つので、
のぼり旗というのは広告として重要な役割を果たしてくれるものです。

こののぼり旗というものは、意識して町を歩いていると様々な
ところに立っています。つまり人々はのぼり旗を見慣れているのです。

そこで他ののぼり旗の中に埋もれずに、存在感をアピールするには、
オリジナリティのあるデザインで作ることが大切です。

アピール

例えば和風のお店に使うのならデザインもそのテイストに合わせて
字体や色味を工夫した方が良いですし、可愛らしい雰囲気を演出
したければ少しイラストを添えてみるだけでも、だいぶ可愛らしい
印象の旗ができます。

既存のデザインを選んで迅速に作るのも良いですが、
せっかく自分だけの旗を作るのなら独自のデザインを考えてみた方が、
町でよく見かけるものとはひと味違うものと見ている人に印象づけ
られるメリットがあります。

デザインによって雰囲気はいくらでも変わるので、
工夫のしがいがあります。

 

ドライブ中でも誘導効果大!のぼり旗の集客効果

のぼり旗には、幹線道路沿いに一定の間隔で複数置いたり、ガードレールにポール部分を縛ったりして、敢えてドライバーや同乗者に対してアピールしているものを見かけます。

ドライブ中なので、ドライバーが脇見運転をするのは危険ですが、オリジナリティ溢れる派手なデザインののぼり旗には、反射的につい目が行ってしまいます。
ただ、風などでなびいている場合は、ドライブ中にじっくり見ることは不可能です。

通勤やショッピングに出掛ける際に必ず通過するルートであるならば、何度もその幹線道路を通過してのぼり旗が目に入るうち、次第に書いてある内容が分かってきます。
ほとんどは、その幹線道路沿いにあるお店などの宣伝であることが多く、新規出店したファミレスやパチンコ・スロットなどの遊技場やサブカルグッズ店などがあり、休日などに一度は来てみたくなるようなところが多くあります。

ドライバーが目を向けるくらいに誘導効果を上げるためなら、やはりのぼり旗のデザインはかなり奇抜な目立つものにする必要があります。安全運転に徹しながらも、気になってちょっとチラ見するくらいのデザインを考案する必要が出て来ます。

さらに、1回の通行で記載内容を分かってもらうことは難しいため、何度もチラ見してもらえるような斬新なものに仕上げる必要があります。
車に家族で乗っている際に、運転しているお父さんがチラ見して、何度も通過するうちに内容がわかってきて、家族に内緒で後でこっそり出掛けたくなるようなケースもあるでしょう。

運転していない同乗者ならドライバーよりもよくのぼり旗に注目できる時間は数秒多くなります。
とにかく、車に乗っている人たちに見てもらうためののぼり旗は、デザインと誘導効果のある短いフレーズを書けるかどうかが勝負です。在り来たりな普通のデザインでは、車内からわざわざ見ようともしないことでしょう。

一瞬で通り過ぎる間にでも、目が向いてしまうほどのインパクトが必要です。
人は「期間限定」という言葉に弱く、購買意欲をそそるのには最適な表現であり誘導効果は抜群です。

色やデザインをインパクトのあるものにしたら、次はのぼり旗に記載する言葉ですが、とりあえず大きな文字で「期間限定」と入っていて、それがチラッとでも見えたとしたら「期間限定とは一体、何事だろうか」とドライバーも同乗者もとても気になって、次に同じルートを走行する際にまたそののぼり旗をしっかり見てみようという意識が働きます。

とにかく、ドライバーや同乗者にそのポイント地点を走行してもらう度に見てもらうには、「期間限定」などの気を引く言葉やインパクトのあるデザインを工夫することが重要なポイントになります。